先月末、やることがなくてあまりにも暇だったので(働けよ!)

以前、ハードオフのジャンクコーナーから買ってきたギターの改造に着手した。

着手したっつっても、ギターばらしてボディ単体にしたってだけなんだけど。

このギター、ネックはジャクソンタイプのシャープな形なのに、

ボディは普通のストラトタイプで、見た目にバランスが悪いのよね。

なので、ボディを切断してトラベルギター風にしちゃおうかと。

イメージとしては、ミッシング・パーソンズ時代のウォーレン・ククルロが使ってたギターね。

すごく弾きづらいと思うけど、ギタリストじゃないからいいのです。

ということで、パーツを外していったのだが、ブリッジを止めてるネジのうち1本がなめちゃってどうにも動かなくなっちゃった。

こりゃまずいってことで、ネットで調べて「これだ!!」というのを見つけた。

それがこれ、ネジザウルス

img_2745

コレ1個じゃなんなんで、ハルヲフォンの「電撃的東京」も一緒にAmazonでポチった。

このネジザウルス、ホント優れもの。

ギターのネジなんかかんたんに取れちゃった。

img_2754

ピントがあってないけど、ねじを舐めてるのはわかるでしょ。

ちなみに、家の扉の錆びついた平ネジも1mm程度頭が出ていたのは取れたけど、それ以下のはだめだった。

さすがにある程度頭が出てないとつかめないね。

ギターのネジは、頭は見た目サビてないけど、ボディに入ってる部分は木の水分のせいなのかサビがすごい。

ピックガードを止めてるネジも、ジャックのプレートを止めてるネジも同様にサビてた。

金属パーツを全部取っ払ったところで、作業は一時休止。

なぜかっていうと、このギターにミニアンプを内蔵しようと思っちゃったから。

こちらのホームページを参考にしてね。

ボリュームアンプはすでに用意してあるので、スピーカーを買わないと次に進めない。

スピーカーは100均じゃなくて、秋葉原に行って買う予定。いつになるかな〜?

つづく