掛け時計が壊れた。といっても、動かなくなったのは随分前の話なんだけど。
動かない時計をそのまま壁に賭けておくと、ついつい見ちゃうよね。
当然時間はあってないから、勘違いすることもしばしば・・・。
ということで、とりあえずどんな状態なのかを確認してみた。

この時計はうしろからムーブメントをハメてあるだけなので、針を外してムーブメントを空けてみると・・・・
movement

線が端子から外れてますね。
コレは半田でつければ、うごくんじゃね?と思って、ハンダ付けにチャレンジしたよ。
端子が小さいうえに斜めになってて、ハンダが流れ落ちちゃうんだな、これが。エライ苦労してくっつけたものの、結局動かなかった(T_T)

交換用のムーブメントを扱っているサイトで調べてみたら、うちのはかなり古いらしく、現行のものとは規格があわないみたいなので、まるごと替えることにした。
100円ショップでも売ってるけど、ちょっと小さいので今回は普通にビックカメラで買ったよ、コレ↓

disneytime

文字盤と6時のところに、有名なネズミがいるっていうね。
丸い掛け時計は学校や役所みたいであまり好きではないんだけど、ネズミのワンポイントのおかげでそのイメージも薄らいでいるかな?
この時計、秒針がスムーズに動くタイプで、1秒ごとに動くやつと比べると静かでいい。
たま〜に、無音状態で集中して仕事をすることがあって、時計のカチカチ音が気になっていたのでちょうどよかったかな。